忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017年08月17日  02時28分
「将来は「野球選手になりたい」じゃないの?今の時代
CATEGORY : [独り言]
こないだ見た日テレ系お昼の情報番組『DON!!』で300人の小学生(5~6年生?)に

「将来、何になりたい?」

というアンケートをとっていました。


「お花屋さん」
「サッカー選手」
「宇宙飛行士」

などドリーミーなものは1つもなく、

「ロボットをつくる人になりたい。しかも介護用の」
「安い月給もらってサラリーマンになりたい」

・・・そんなのばっかで少し悲しくなりました。

ワタシなんてもう十分すぎるほどオトナなのに

「オトナになったら何になろう?」

といまだに心配しているというのに。

そんなに早く現実見なくても、いやでもオトナになれるのに。
1人くらい

「AKBに入りたい」

とか言ってくれると思ってたのになぁ・・・・


でも、子どもたちに夢がない、みたく言うのはオトナの身勝手ですよね。

みなさまは大きくなったら何になりたいと思ってましたか?

ワタシは将来の夢はお菓子つくり職人でしたッ! 

今は食う方で夢を果していますッ! ガツガツッ!

PR

2010年10月23日  18時01分
コメント[ 4 ]  トラックバック [ 0 ]
夜のガストにて☆
CATEGORY : [愚痴]
「たまには夜ゴハンでも一緒に食べに行こっか」

仕事終わりに、女将から食事に誘われました。

「ガス○でいいよね」「ワタシ、秋のデザート食いたいですッ」


****************



「今日はひまだったね~」
「でもウチってわりといつもヒマですよね~」
(言ってはいけないことをサラリと言う娘こ)

ガスト到着。

「ナニにしようかな~」

おばさん2人がメニューを選びながら、ハッと目にしたお向かい側の席の人たち。ど~みても怪しい男2人と、おとなしそうな女子2人が、何かコソコソしゃべっているのです。(男の1人は『さまぁ~ず大竹』に似てた)

それに気づいた私たちは

(・・・・なんか、あの席の人たち、ヤバくないですか?)
(変な勧誘に引っかかってる感じだね)
(キャバ嬢とかAVとかのスカウトですかね)
(ナニ言ってるの! あんな女子2人にそんなニーズがあるワケないじゃない!)←けっこうヒドい女将

大声を出せないので、ガストの紙ナプキンに文字を走らせた私たち。

(でも本当に典型的な怪しい2人組ですよね? 今どきそんなベタなのに引っかかる女子なんていますかね?)
(いやぁ 世の中わかんないからね。女の子も大人しそうだし・・・)

『筆談ホステス』2人はまだまだ続きます。


(でも、あんなヘンな男2人に騙されるってどういうこと? ナンパでもないし・・・)
(なんかケータイをいじくりながら、画面を相手に見せて数字言ってますよ! やっぱキャバ嬢ですって!)
(イヤ、男が『5000円じゃ買えないプライスレスが・・・』とか言ってる)
(ひぃやあ~ ○○○の新「鍋セットシリーズ」がどーのこーの言ってる! 買うバカいるか?)

ワタシたちはおばさんモード全開で、彼らを見つめます。(アンタらが一番怪しい)

(ダメよ、そんなにジロジロ見たら! バレるじゃん!)
(女将だって見てるじゃないですか!)
(私、ことの成り行きを見たいから、もう一品デザート頼んじゃお!)

女将の好奇心はまだまだ止まりません。

(なんか、警察っぽいおじさん1人来ましたね)
(店の人が通報したんじゃない? 様子が変だから見ていてくれ、とかさ)

確かに、彼らから絶妙な位置で、初老のおじさんがやってきました。お店の人も、なんだか不自然に何度も何度も彼らのそばを掃除したり、「空いたお皿失礼します~」とか言ってるのです。


そんなことおかまいなしに、怪しい男2人は女の子に必死に何かを訴え、彼女たちはそれを『え~ どうしようかな~』みたいなカンジでいるのです。

水をくみに行く(フリ)をして彼らの方へ少しでも近づこうとするワタシ。

すると、その前にジュースバーにいたほかのお客さんも
「ねぇ・・・なんかあの席の人たち、ヘンじゃない?」

おおッ! やっぱり私たちだけじゃなかった彼らに注目しているのはッ!

夜の10時20分、今、ガストが1組の客をめぐって1つになろうとしているッ!



(ねぇ・・・ちょっと助けてあげた方がいいんじゃない?)
(ダメなんじゃないですか? 証拠もないのに。『万引きGメン』も現場を確実にとらえてからじゃないと動けませんよ)





そのとき、

(アレ、女将の机に何か赤い点がついてますよ)
(へ? ほんとだ、なんだろコレ・・・)
(ひょっとして血!?)
(まさか・・・)
(お、女将、鼻血でてますよ! 鼻血!)

そう、気がつくと女将は「鼻血」を出していました。ポタ・・ポタ・・・とまるで犯人の血痕のように。

「ナニやってんスか女将! コーフンして鼻血だしてる場合じゃないですよ!」
「ち、ちが・・・ッ これ、これは私、高血圧だから・・・」

コーフンした女将はぽた・・・ぽた・・・・ツツーと鼻血を流していたのですッ!(高血圧ではないと思われる)


「恥ずかしいですよ! もう帰りましょう!」
「でも~あの子たちはど~なるのぉぉぉ~(鼻血つき)」

ごちゃごちゃ言い訳してた女将をズルズルと外へ連れ出す始末。

鼻血事件のため結局、彼らの正体がなんだったのかわからないまま外に出てしまいましたが、ただひとつわかったことは、一番怪しいのは鼻血まで出してガン見していた女将。


ああ~~~なんだったのか知りたい~~~


2010年10月15日  15時09分
コメント[ 9 ]  トラックバック [ 0 ]
TRACKBACK
トラックバックURL

<<前のページ| HOME |次のページ>>
忍者ブログ[PR]